• 院長あいさつ
  • 診療案内
  • 眼の治療
  • 家族を迎えた時
  • 施設紹介
  • 手術実績
  • スタッフ紹介
  • Q&A
  • 医療概論

施設紹介

  • エントランス 受付・待合室 診察室・処置室 手術室1 手術室2 検査 カウンセリング・ICU・入院室・レントゲン室
    エントランス

    欅並木から続く自然豊かな病院として、石が敷き詰められた駐車場では四季折々の植物を楽しんでいただくことができます。
    郊外を散策している気分でおくつろぎ下さい。
    入口にはベンチも設置されております。パーゴラから漏れる心地よい日差しを浴びながらパティオとしてご利用下さい。

  • エントランス 受付・待合室 診察室・処置室 手術室1 手術室2 検査 カウンセリング・ICU・入院室・レントゲン室
    受付

    初診時には診察受付フォームをご利用下さい。

    待合室

    コーヒーの香り漂う待合室で、おくつろぎ下さい。

  • エントランス 受付・待合室 診察室・処置室 手術室1 手術室2 検査 カウンセリング・ICU・入院室・レントゲン室
    診察室

    診察室では、飼い主様に症状等をうかがい、診察を開始します。

    処置室

    各種検査機器が設置されており、精密検査・処置等を実施します。

  • エントランス 受付・待合室 診察室・処置室 手術室1 手術室2 検査 カウンセリング・ICU・入院室・レントゲン室
    手術室1

    緊急時にも対応が可能なよう、複数の獣医師が立ち会うことで、麻酔等常に動物の全身状態をモニタリングしております。

    手術用顕微鏡 白内障治療をはじめとする眼科手術は非常に繊細な技術が要求されるため、手術用顕微鏡が使用されます。
    内視鏡開腹手術を行わずに消化管内の検査を行うことができます。また、異物を飲み込んでしまった場合にも、動物の体を傷つける必要がありません。
    アルゴンプラズマレーザーアルゴンプラズマによる凝固はその特質により、組織を均質にばらつき無く凝固することができます。このため、広範囲の微細な出血を素早く止血することが可能であり、手術時間が短縮され、その分麻酔のリスクも低下します。また腫瘍切除後、切除面にアルゴンプラズマを照射することで、細胞レベルの腫瘍組織も消滅させることができ、再発率が大幅に低下します。
  • エントランス 受付・待合室 診察室・処置室 手術室1 手術室2 検査 カウンセリング・ICU・入院室・レントゲン室
    手術室2

    緊急時にも対応が可能なよう、複数の獣医師が立ち会うことで、麻酔等常に動物の全身状態をモニタリングしております。

    CO2レーザーCO2レーザーは組織を切断しながら、同時に血管や神経を閉じていくので、出血を最小限に止めることができ、手術後の痛みや腫れも少なくなります。この特色を利用し、今までは全身麻酔下でしか出来なかった小さな腫瘍切除など、簡単な手術が、局所麻酔による意識下で出来るようになりました。
    整形外科機器確実な手術のためには精度の高い機器が必要不可欠です。ヒトの整形外科領域でも使用されているストライカー社製を使用しています。
    麻酔モニター麻酔はとても慎重に行う必要があります。当院の麻酔モニターには、心電図、血圧、血液酸素飽和度、呼気二酸化炭素濃度、麻酔ガス濃度、呼吸数、心拍数、体温が同時に表示されます。手術時にこれらをモニタリングすることにより、麻酔下の体の状態を正確に把握し、麻酔事故を未然に防ぎます。
    スケーラーモリタ製作所 歯科治療ユニット オーラルベットⅡは静岡県内にて3台導入されております。(2012年11月現在)
  • エントランス 受付・待合室 診察室・処置室 手術室1 手術室2 検査 カウンセリング・ICU・入院室・レントゲン室
    検査

    細胞検査のための顕微鏡設備や血液の状態をチェックする血液検査装置が揃っています。効果的な抗生物質を選択するための細菌検査も欠かすことができない検査です。

    [血液検査装置]米国IDEXX社製レーザーフローサイトメトリーを利用することで、血液細胞内構造を判別することが可能となりました。また従来の生化学検査に加え、副腎皮質ホルモン及び甲状腺ホルモンの院内測定も実施しております。これにより、重篤な疾患も見逃しません。
  • エントランス 受付・待合室 診察室・処置室 手術室1 手術室2 検査 カウンセリング・ICU・入院室・レントゲン室
    カウンセリング

    実施した検査結果を説明し、動物に対して行う今後の治療方針について飼い主様と相談します。治療には、飼い主様の協力も必要なため予め話し合い、充分なインフォームド・コンセントを踏まえた上で実施することが好ましいと考えております。

    ICU・入院室・レントゲン室

    ICU常にスタッフが動物たちの状態をチェックできるようになっています。重体の動物、術後の動物で目が離せない場合にはICUで集中的に治療します。

    入院室ひと部屋ひと部屋が大きなスペースの入院室です。イヌ・ネコそれぞれ専用に分かれていて、安心して入院できるようになっています。

    レントゲン室大型犬も撮影できるレントゲン設備を備えております。