私達のメッセージ

院長 渡邊 祐

院長 渡邊 祐

幼い頃から動物達に囲まれて育った一人っ子の私にとって、彼らは小さな家族でした。子供心にいつしか“夢は世界一の獣医さん”になっていました。
人間と動物が、明るく・楽しく・豊かに暮らす社会を実現することが、私の目標です。
病院にはいつでも気軽にお立ち寄り下さい。コーヒーを飲みながら、動物達のお話をしませんか?普段からの来院の中で、未然に防ぐことができる病気は先回りをして予防します。たとえ予防薬ひとつでも、沢山の薬の中から効果と安全性を考慮し、“自分と暮らす動物が使用できる薬”を使用しています。

院長 渡邊 祐

そして、万一病気になってしまっても、当院の獣医師達が皆様にとって最善の治療を約束します。学会等で日々学識を更新しつつ、複数の獣医師の知見を踏まえ、最終的に“自分の家族であればどうするか”を根底に、獣医学的エビデンスに基付いた治療を行います。それが美術館前動物病院です。

JAHA認定総合臨床医
清水東理数科、岐阜大学卒(平成23年日本獣医師会長賞受賞)

診療部長 大石圭子

診療部長 大石圭子

私達獣医師は、皆様の仔犬、仔猫とお会いした時から、ご家族と共に動物達の一生を見守ります。
パピーの時からシニア期まで全てを診察していると、様々な犬種、猫種、性格、育て方などで動物の一生が想像できます。口を聞くことができない動物の場合、かかりつけ病院を持つことは大きなメリットです。大学の研究室では内分泌について学びました。当院においては老齢化に伴う甲状腺機能低下症や性ホルモン異常による疾患を主たる分野としています。当院には整形外科、眼科等様々な分野の獣医師がおりますが、更に高度な治療が必要な時は大学病院等の専門医療機関をご紹介することもあります。どんなタイミングでどんな治療をするか、最先端医療が必要なのかどうか、1人1人、皆様の信頼にお応えしていきたいと思います。

静岡高校、日本獣医畜産大学(現 日本生命科学大学)卒

獣医師 佐々木由佳

獣医師 佐々木由佳

私が獣医師を目指したのは、我が家で犬を飼い始め、「将来この子に何かあった時、自分が助けてあげられるようになりたい。」と思ったからです。
動物と暮らす毎日は本当に楽しく、我が家ではかかせない存在になっています。もちろん動物を飼うと大変なこともあります。心配なこと、不安なこと、何でも相談してください。病気を治すだけではなく、動物と人が安心して笑顔で暮らせるよう、全力でサポートいたします。
皆様とは仔犬、仔猫の検診からお会いすることが多いかと思いますが、日頃は整形外科の完璧な治療を目指しています。

韮山高校、酪農学園大学 卒

開設者 田中一則

田中一則
田中一則

美術館前動物病院は、平成の始まりと共に私と暮らす動物達の為に設立されました。それ故、当院の治療指針は最善か無か、なのです。常に理想の獣医療を追求し、獣医学、技術、薬剤、機材、そして、あたたかなこころ、全てに妥協を許しません。1人の飼い主として、いつも私の動物達の健康管理をお願いしています。